お知らせ・NEWS

注文住宅の進め方でとっても重要な3つのタイミング

2024/03/21

新築を建てる時、何から進めたら良いか分からない、そんな悩みをお持ちではありませんか?
家づくりが失敗しないために、どういう進め方をしたら良いのか?
今回は成功のターニングポイントとなる3つのタイミングについてしっかりお伝えします。

注文住宅の進め方でとっても重要な3つのタイミング

それでは今日のポイントはこちら!
①家づくりの進め方の重要な3つのタイミング
②住宅ローンと住宅会社2つの見極め方
③契約と着工について
一つずつ説明しますね!

家づくりの進め方の重要な3つのタイミング

家づくりには重要な3つのタイミングがあります。
それは初回の打ち合わせ、次に契約、そして着工です。

初回の打ち合わせ

初回の打ち合わせですが、お客様は当然、最初に思うことは、この会社は自分たちの理想を叶えてくれるかどうか?についてを判断されると思います。
理想を叶えてくれそうだと思わなければ今後打ち合わせはされないですよね?
「ここの会社は良い家を建ててくれそうだな」と感じた後、「私たちはこの会社で家を建てることができるのだろうか?」と思う気がしませんか?
家は自己資金(頭金)と住宅ローンの融資金額を合わせて予算を組みます。
住宅会社によって家の金額は全然違いますから、「予算が足らなかったらどうしよう」と不安になるのも当然です。
まずは予算内で理想を実現できるかをしっかり確認することが大切です。

借りられる金額と返済できる金額は違うということ!

まず、予算で実現できるかどうかを確認するとき、住宅会社は「購入資金を用意できるのかをとても気にしている」ということを頭に入れてください。
ということは、購入できるように話を持っていく可能性もあるということです。
「まさかそんな、払えないような金額を借りたりしませんよ」と思われるかもしれませんが、実はそれで住宅ローン破綻している人が多いのです。
「借りられるならいっかー」
「住宅会社が連れてきたファイナンシャルプランナーにOKしてもらったから大丈夫だよなー」
なんて楽観的に考えては絶対にいけません!
借りられても返せない金額がある、住宅会社が連れてきたファイナンシャルプランナーは住宅会社の味方。
銀行が連れて来たら銀行の味方です。
なので住宅会社の意見よりもまずご自身で返せる金額なのかどうかを知る必要があります。
そしてもっと重要なことは「住宅会社があなたに寄り添って話してしてくれるか?」という信頼できる住宅会社を探すことも同じように大切なことになります。

あなたの担当者は住宅ローンについて詳しいのかどうか

住宅ローンを有利に進めてくれる詳しい担当者があなたの担当になってくれるかどうかは、今後の家づくりにとても重要な要素になります。
あなたの背景にある情報を詳しくお聞きすることによって、それから金融機関、借入額、毎月の返済額、メンテナンス費用の捻出方法など、最適な計画を提案することができるのです。
住宅ローンは借りることができるからといって安易に進めてしまうと、完成した後に、お金のことで家を負担に感じてしまうことになってしまいます。
住宅会社、そして担当者を信頼できるかどうかの判断を間違えないようにしましょう。
安心して新居に、長く住み続けられるためにとっても大切なことだと思います。

契約と着工

契約のタイミングには2つのパターンがあります。

①初回で契約するパターン
②着工前に契約するパターン

初回で契約するパターンと着工前に契約するパターン

初回で契約するパターンの場合、契約の後に詳細打ち合わせをすることになります。
この進め方の特徴は、契約の後に間取りや仕様を細かく決めていく打ち合わせを行うことです。
契約後に建築費用が変わることになりますので、少し不安ですよね?
着工前に契約するパターンについては、文字通り、全部決めて工事をスタートする直前に契約するパターンです。
この場合、打ち合わせをして金額がほぼ確定した後の契約となるので安心できますよね!
こちらは多くの住宅会社が行っている進め方ですが、こちらの進め方を行っている会社は多いとは言えません。
①は不安だなと思われた方は、ぜひアイズホームにご相談ください。

着工について

着工についても2つのパターンがあります。

①事前発注タイプ
②都度発注タイプ

①は打ち合わせを全て終えた後、着工前に、打ち合わせで決めた仕様をほぼ全て業者さんに発注をします。
なので現場が始まってからは基本的に仕様の変更はできません。
②は着工前にしっかり決めた仕様を、上棟後に現場を見ながら再確認して、業者さんに発注をするタイプです。
やはり現場が進むに連れてイメージが沸いてくるものです。
この方法は打ち合わせをして納得しながら進めていくことができます。
皆さんはどちらが合うと思いますか?

信頼関係が大切

家づくりには担当者との信頼関係がとても大切です!
性能が良い、デザインが良い、安いから、なんて理由ではなく、何十年先も付き合っていく住宅会社、担当者として見た時に「安心できるな」と思った会社を選びましょう!
あなたを理解し、良いことも悪いこともちゃんと伝えてくれる人。
我慢するばかりではなく、この人なら何とかしてくれると思える人。
そんな信頼できる住宅会社と担当者を探すことがとっても大切なのです。

株式会社アイズホーム
建築士とともにあなたに寄り添った家づくり

お問い合わせはこちら
https://is-h.jp/inquiry

[ 一覧へ戻る ]

ページトップへ戻る